フラワナ企画・イベント情報

華やか!ボリュームアップ

2018.3.12

花束に華やかボリュームアップ!

花束需要の増えるこの時期、今回注目するのは、あんことして使いやすい花やあわせやすい色目隙間を埋める花(フィラフラワー)などにフォーカス。いわゆるサブ花材ですが、ナチュラルな草花系好きやドライ好きにとってはメインとしても感じられる、そんな感性を持つ方にもぜひおすすめ。
楚々とした草花系の花は、ふんわりとひろがりを持ち、ブーケにしたときの使い勝手のよさやさらなるデザインの幅を広げてくれるでしょう。

●低予算でもボリューミーに!
●春らしく、軽やかなブーケに!
●飾ったあと、ドライにして2度楽しめる!

メイン花ではないけれどアレンジの幅をひろげてくれる花を特集します。




リグツ(アルストロメリア)

この時期ならではのリグツ。花もちもよくかわいらしい感じがおすすめです!


寺尾さんのスカビ

●フラワーガーデン寺尾
雲仙市愛野町で育種を手掛ける寺尾さん。スカビオサはオリジナルのテラシリーズをはじめ豊富な種類を展開。お客さんからの人気も高くリピーターも多いです。オリジナルのキャラクターもかわいいですよ。



吉村さんのマトカリ

●ワイルドプランツ吉村
長崎県佐世保市のワイルドプランツ吉村さんの花畑には年間100種類以上の草花が栽培されています。たくさんのファンがいらっしゃる生産者さんです。


自然な色合いのアスチルベ

●JAながさき西海
アスチルベといえば、JAながさき西海。今回はカラーリングシリーズがイチオシ!染めなのに自然な色合い。さりげないアクセントにもぴったりです!特にブルー系のお花はおすすめです!

※掲載花材は時期によりお取り扱いがない場合もございます。予めご了承ください。



▲ページトップ